2018/02/12

春夏の新柄登場◎

「ぽっちり」で大人気の定番商品

モチーフジャガードシリーズに、

春夏の新柄が登場しました!

 

これからの季節にぴったりの

「ひまわり」「ヤシの木」「すずらん」のデザインです。

お気に入りのカラーをお選びください◎

 

mj2

 

ギフトでも大人気の印鑑ケースをはじめ、

小銭入れ、親子がま口 もご用意しております。

同じ柄で揃えて使うのもオススメです!

 

mj1

 

ぽっちりオンラインストアでも特集中。

ぜひぜひチェックしてみてくださいね♪

-ぽっちり

2018/02/12

インタビュー記事を掲載していただきました!

「おふろcafé湯守座」の館内着のデザインを、

手がけさせていただいた、温泉道場さまのブログにて、

開発秘話インタビュー記事を掲載していただきました!

 

14

 

インタビューの際は、

和気あいあいと、たのしくお話させていただきました。

温泉道場さまの人の心に寄り添うような素敵な施設は、

山崎社長をはじめとする、社員の方々の

あたたかいお人柄によって生み出されているものだと、

ひしひしと感じさせていただきました。

 

051

 

温泉道場さまとスーベニールの想いのつまった、

制作秘話満載の内容になっております。

ぜひぜひ、ご一読くださいませ♪

 http://onsendojo.com/8242

 

 

8-1「四日市温泉 おふろcafé 湯守座」
住所 三重県 四日市市生桑町311
営業時間 10:00 - 翌9:00 (23時間営業)
連絡先 059-332-2611
http://ofurocafe-yumoriza.com/

お知らせ

2018/02/06

Valentine's Gift

もうすぐバレンタイン。

大切なパートナーや、いつもお世話になっているあの人へ

今年はどんなものをプレゼントしようかな、なんて

考え始めてる方も多いのではないでしょうか。

 

hankachi

 

スーベニール公式オンラインショップでは、

バレンタインの贈り物にぴったりな、

メンズアイテムを特集中。

 

特にスーベニールがおすすめするのは、

メイドインジャパンにこだわった刺繍ハンカチ。

 

バレンタインの時期限定、

ハンカチをご注文いただいたご希望の方に、

「Happy Valentine's Day」の帯を

お付けさせていただきます。

 

あそびごころあふれるワンポイントの刺繍は、

ビジネスでもオフの日でも使い勝手抜群◎

チョコレートに添えてのプレゼントなんていかがでしょうか。

 

men'sgift_TOP

 

その他にも、

使いやすいがま口のペンケースや、

なにかと出番の多いコインケースなどなど。

毎日に寄り添う、こだわりの小物たちを

ご提案しております。

 

とっておきの贈り物で、

大切なあの人の素敵な笑顔がみられますように。

 

ぜひオンラインショップもご覧ください。
https://item.rakuten.co.jp/karancolon/c/0000000959/

 

お知らせ

2018/02/02

京都”いいもの”あつめ

京都の寺社仏閣巡りで忘れてはいけないのが、
国宝にもなっている蓮華王院です。
 
蓮華王院だとあまり耳馴染みがないかもしれませんが、
三十三間堂だとピンとくる方が多いのではないでしょうか。
 
今回のいいものあつめは、
そんな三十三間堂についてお話します。
  
sanjusangendo1
三十三間堂の由来は、
南北に延びるお堂の内陣の柱間が33もあるという
特徴からきています。
 
そして「33」は観音菩薩にも縁のある数で、
33種の姿に変じて、衆生を救う
と言われていることにも由来しています。
 
南北120メートルの長大なお堂の中には、
前後10列の階段状の壇上に並ぶ等身大の1000体の
観音立像が眼前に広がっていて、圧巻でした。
 
一体一体観音像の表情を見ると、
全く違っていて個性的な表情をしているものもありました。
 
観音像には、必ず会いたい人に似た像があるとも
伝えられているそうです。
 
そんな観音象の前方には、
個性豊かで魅力的な千手観音の眷属の神様たちが並んでいます。
それが国宝にもなっている二十八部衆です。
本堂は撮影禁止なので、是非実物をご覧になって下さい。
 
 
今回は、私が気になった神様を2体を
イラストで紹介したいと思います!
 
まず一体目は摩侯羅王(まごらおう)です。
蛇の神様と音楽の神様で、
三十三間堂の摩侯羅王は5つの眼を持ち頭に、
ヘビを巻きつけているのが特徴です。
 
見た目とは裏腹に繊細な音楽を奏でるのでしょうか。
 
magorao
 
二体目は、難陀龍王(なんだりゅうおう)という水の神様です。
ヘビを意味する「ナーガ」が語源であり
中国では竜王と言われます。
 
三十三間堂の難陀竜王はヘビを肩に担いでいるという、
珍しい姿をしているのが印象的です。
 
羽根が無くとも天空を飛翔することができるそうです。
 
nandaryuo
 
挙げるときりがないのですが、
まだまだ魅力的な神様がいらっしゃいます。
 
gosyuin1 gosyuin2
 
本堂の中央付近で御朱印を頂くことができます。
せっかくなので、御朱印をお願いしました。
 
三十三間堂の御朱印帳は開いて右手に、
金で押された千手観音の絵が入っています。
 
個性豊かな仏像の魅力がたくさん詰まった
蓮華王院(三十三間堂)に足を運んで見てはいかがでしょうか。
 
 

お知らせ