2017/07/22

京都の夏の風物詩

京都には、祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東の
5つの花街があります。

その中でも最も古くからの歴史を持つのが、上七軒。
室町時代に、北野天満宮の修造に併せ、7軒の茶屋を建てたのが
上七軒の始まりと言われています。


そんな歴史ある上七軒の夏の風物詩として有名なのが、
上七軒ビアガーデン。

IMG_3694_

歌舞練場と呼ばれる、普段は劇場や練習場として
使われている場所で開催され、浴衣姿の芸妓さんや
舞妓さんがおもてなしをしてくれます。


都会の喧騒から離れた静かな上七軒歌舞練場は、
日本庭園が美しく、夜になるとタイムスリップしたような
幻想的な雰囲気に包まれていました。

FullSizeR

 

それぞれのテーブルを回る芸妓さんや舞妓さんは、
他愛もない話から、私たちの知らない世界の裏話まで
いろいろなお話をしてくださいました。


間近で見る芸妓さんや舞妓さんの柔らかな京言葉や
仕草に魅了されながら、あっという間に時間は過ぎて、
最後には、記念撮影もしていただけました。
IMG_3671_

京都の奥深さを実感し、京都の夏を肌で感じることのできる
贅沢なひと時を過ごしに、この夏はぜひ、京都にいらしてみては
いかがでしょうか?

 

 

-京都”いいもの”あつめ

2017/07/14

TEAVENIR パフェメニュースタート

TEAVENIR新作メニューのご紹介です。

暑い夏に大変おすすめの、パフェがついにデビューいたしました!

 

パフェHP

三種の紅茶のパフェ ¥850+税

アールグレイ、アイリッシュモルト、ダージリンの3種の紅茶を使った、TEAVENIRならではの自信作です。

 

◆アールグレイのアイスクリーム

バニラアイスクリームをベースに、碧翠園のアールグレイフレーバーで味と香りを付けた、オリジナルの味。

 

◆アイリッシュモルトのプリン

ロンネフェルトの「アイリッシュモルト」を使用した、リッチなロイヤルミルクティーのプリン。

 

◆ダージリンのゼリー

一番下の層まで紅茶にこだわった、すっきりとした味わいのゼリー。

 

この他にも、白ごまのチュイールや紅茶風味のパイなどが盛り込まれ、いろいろな食感を楽しんでいただけます。

 

最後まで美味しく召し上がっていただける工夫が凝らされた、贅沢な紅茶のパフェ。

もちろん、ドリンクとの相性も抜群ですので、是非この季節に味わっていただければと思います。

 

 

tea venir

2017/07/10

御朱印帳、新柄発売!

京都で、和紙を使ったものづくりをされている
株式会社コードさんのブランド 「kami-mon」 と
SOUVENIRがコラボした、人気の御朱印帳シリーズに
新柄が仲間入りしました。

 

KCgoshuinshou-2

御朱印帳 ¥1,500+税

椿、梅、菊などの色鮮やかな花柄に加え、
和菓子や、昔懐かしい折り鶴やかざぐるま、
かんざしなど華やかな和装小物の柄など、
全部で6柄が新たに登場しました。
どの柄も可愛らしく、乙女心をくすぐります。

また、色鉛筆で描いたデザインをそのまま生地に
プリントしているため、とても優しい風合いが特徴的です。

 

gionmaturi

 
こだわりの和紙を使用し、職人さんの手により
1冊1冊手作業で、丁寧に作られています。

京都ではいよいよ今週末、祇園祭の一番の
メインイベントである宵山、山鉾巡行が行われます。

最近は、それぞれの山鉾の御朱印を集めるため、
御朱印帳を片手にお祭りに参加する方も多いそうです。

とっておきの夏の思い出作りに、メイドイン京都の御朱印帳を
ぜひ選びにいらしてください。

 

【展開店舗】
カランコロン京都 本店・清水店・京都駅八条口店・嵐山店

 

 

お知らせ

2017/07/05

苔寺の風景

世界文化遺産にも登録されている、西方寺 通称 “苔寺”

奈良時代、行基菩薩の開創と伝えられる由緒あるお寺で、
のちに、夢窓国師により再建されました。
 

境内の庭園は、約120種類もの苔に覆われており、
緑のカーペットを敷き詰めたようなその美しい光景から
苔寺と呼ばれるようになりました。

1

庭園は、上下二段構えと呼ばれる造りで、上段には枯山水の庭、
下段には「心」という字を描く黄金池を中心とした、池泉回遊式の庭が
設置されており、後の日本庭園に大きな影響を与えてきました。


銀閣寺を建てた足利義政も、この苔寺の庭や建物を
見本にしていたそうです。

 

3

 

 
現在こちらの苔寺の拝観は、予約制となっております。

ここでしか手に入らない御朱印を求めて訪れる方も
増えてきているようです。

また苔寺の周りには、鈴虫寺や竹の寺など、
おすすめスポットがたくさんありますので、
ぜひ、併せて立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

 

-京都”いいもの”あつめ